Noguchi Veterinary Hospital

外科手術~神経外科、整形外科を中心に

神経外科、整形外科

神経外科は非常にデリケートな手術です。それゆえに特殊機械も多々必要となります。 日常的に機械・器具が用意されていないと、不意な神経外科には対応できません。手術が適応と判断された場合、なるべく早期に手術を行うほうが有利と思われます。 特に椎間板ヘルニア重症症例に関しては自己あるいは他家幹細胞の投与も行っています。

整形外科・一般外科に使う器具と装置

骨切削用ドリル


神経外科、整形外科で使用します。同時に2種類のハンドピースの使用が可能です。脳外科に必要なパーフォレーターや鋸などの特殊機械も同時に接続できます。




ソノキュア

この機械は椎間板ヘルニアに特化した3種類の切削バーがあり、小型犬のベントラルスロットにも対応可能です。しかも作業中の脊髄に対する安全性が非常に高いのが特徴です。また、軟部外科にも使用可能で、デリケートな剥離などは勿論、肝臓腫瘍などの柔らかい腫瘍に対して乳化・吸引も可能です。


ソノサージ

超音波により止血しつつ切開可能なので乳腺腫瘍、腹部腫瘍摘出などの一般外科では必ず使用しています。特に避妊手術では出血量が少なく迅速に遂行可能です。



レーザー焼灼器

緑内障治療や簡単な小手術に使用する機械ですが、当院では主に椎間板ヘルニアに対してPLDD(経皮的レーザー減圧術)を施術する目的で使用しています。



簡易レントゲン撮影装置と透視撮影装置
(手術室専用)

整形外科ではリアルタイムにレントゲン情報を得ることが、正確に仕事を進めるにあたり非常に大切であると思います。当院では、レントゲン撮影や透視撮影を組み合わせて整形外科手術を行っています。



FUJIフィルム社製 V-station

撮影したレントゲン写真を即座に画面に出すことが可能です。またMRIのような情報量が多い検査であっても手術中に必要な画像を確認することが可能です。

その他基本的な各種機器を揃えておりますがこれ以上は割愛いたします。