Noguchi Veterinary Hospital

手術室

安全を重視し、外科技術を実践します。

野戦病院的な不潔な環境を一掃しました。

ペットも人間と同じ生物であるという考えの下に、手術環境も
空気中の細菌数を制限するなど衛生面に注意をしています。
このため整形外科、神経外科などの手術が安全に行える
ようになりました。

自分のペットたちが埃が多く不潔な環境で手術をしたくないのと
同様に、患者さんにもたとえ避妊手術でもそのような思いを
させたくないというのが私たちのコンセプトです。

手術室は単なる無影燈のある空間ではありません。
デリケートな部分に直接手を加える場です。
そのための衛生管理の厳密さや「こだわり」は当たり前の
ことと考えています。

「あとは獣医師の力量のみ」といえるように
当院の手術室の設備は獣医医療において
最高レベルに充実させています。




環境


① 衛生的な環境で手術を行う
空鯛にHEPAフィルター(NASA開発:空気中の細菌など微粒子を捕捉できる高性能空気清浄フィルター)を使用し術創への落下細菌を抑えています。また最も清潔な空気が手術部位に当たるように手術室の空気の流れを計画しています。さらに手術室は埃が溜まらないように凹凸をなくし、加えて毎日厳密な清掃を行っております。これは骨関節あるいは脳神経を本格杓に治療する場合に必要な条件と考えています。

② 衛生的な環境を維持する
手術室の出人りは自動扉を利用し煩雑な作業から手指の汚染や偶発事故を防いでいます。 手術室は一般環境から隔絶されていることが必要条件であり、このため物品の受け渡しは専用の小窓を利用し、室内の気密化を維持しています。

照明


視野を確保する
最高級レベルの無影灯(焦点深度70cm:70cmの深さまで影が出来ないもの)を使用しています。これにより細部・深部にわたる視野が獲得でき、手術に正確性が加味されます。






手術器具

手術室の機器類は一般診療には用いない
手術には心電計、ガスモニタ、レーザーメス、透視カメラなど多様な機器を使用していますが、原則として手術室内の機器は一般診療には兼用いたしておりません。これは、余計な挨や汚物、飛散した体毛などを衛生を保った環境の中に移行させないためです。

手術に関する消耗品

見えないところにこそ良質なものを使用する
① ガウンやオイフはディスポーサブルの
   ものを使用しています。
② 手術器具は特殊洗剤を使用し2度洗いを
   行っています。特に整形外科器具など
   インプラント関係の器具洗浄は獣医師が
   厳密に行っています。
③ 吸収性縫合糸は体内に残すため強さ
   安全性とも納得のいくものを使用し、
   再利用はいたしません。
④ 一般的に局所はプラスチック・ドレイプを
   使用し術野に不潔な皮膚を露出しない
   方式を取っています。
⑤ 手術器具は納得のいくメーカーのものを
   主に使用し、日曜大工製品の利用など
   はいたしておりません。





維持

清掃に始まり清掃に終わる
清掃は当然のことながら毎日全部の職場を移動し、水平面の清拭、専用モップによる床の清拭・消毒を行い衛生を維持しています。

手術室内細菌数について

人間の手術室がどれだけ清潔か考えたことがありますか?

まず空気中の細菌数があまりにも多い環境を想像してください。

朝起きたとき、日の光に照らされて埃がホワーッと浮いている。 もしこの中でお腹を開ける手術を行うとしたらゾッとしませんか?
一般家庭のこの様な浮遊粒子数を基準に考えると、実は一般家屋をいじっただけの手術室の浮遊粒子数はどんなに毎日掃除をしても厳密な意味ではあまり変わりません
(以前の病院の測定結果は、1平方フィートで40,000~50,000の粒子数でした。これはものすごい数値です)。
またレントゲン撮影で動物の体を横にしたり仰向けにしたりしますが、この作業によって空気中細菌数は非常に高くなることが分かりました。
それは動物が毛に覆われているためで、これは同時に手術室に搬入する際にも同様でした。手術室にレントゲン装置を配備する設計パターンがあり一見合理的で此れはいいなと思ったのですが、厳密に言えば危険かもしれません。撮影時に舞ったその粒子はどこへ行くのでしょうか?無影燈の上、機械類の上、配線の上に積もることでしょう。それが手術中にふわふわ落ちてくるのです。考えると嫌になりますが、私はそのことを考えるとこれから先高い水準の手術を行うのに今のままでは不可能だと思いました。
また患者の安全性について真剣に考えることはこれからの獣医医療について大切なことだとも思いました。

以下に示すデータは人間の手術室の適応基準です。
犬猫を主体とした獣医医療にこの基準がぴったり当てはまるとは考えられませんが、動物が人間に比べて感染に驚くほど強いとも考えられません。したがって感染に弱いはずの骨や関節を埃にさらしたり、脊髄に埃や毛がくっついてしまったなどはあまりにも非常識というほかはありません。


人間の手術室一般基準(1平方フィート当たりの粒子数)



CLASS 100 脳外科、移植手術
CLASS 1,000 整形外科
CLASS 10,000 一般外科、整形外科一部
CLASS 100,000

(NASA規格の一例)

②当院で行っている努力


当院の手術室は不動時(機器や人が動かない状態)でCLASS1,000レベルに到達可能です。



動物は埃まみれの被毛を持っているため、毛刈り、基本消毒は別部屋で行う。特に大型犬は洗浄後ガウンを着用させ手術室に搬入する。


手術室はあらかじめ空気を清浄化させておく。人間の無造作な出入りや動きにも注意し、物品の受け渡しはパスボックスを用いて行う。


清掃に始まり、清掃に終わる。


術後の清掃は毎回機材を外に出し、専用のモップを用いて拭ききるように行います。