Noguchi Veterinary Hospital




各種外科治療を中心に、MRI検査、再生医療などの技術を  
取り入れたより質の高い医療を目指します。        

特に、麻痺、歩行障害、痙攣、異常行動などの症状についてはご遠慮なくご相談下さい。

病院からのお知らせ


8月より午後の診療時間を18時までに変更させていただきます。
したがって午後の受付時間も18時までですが、検査をご希望の方は
なるべく17時30分までに済ませてくださいますよう
お願いいたします。


3月の萩地区往診
 3月7日(第1木曜日)
 3月21日(第3木曜日)
 ※萩往診は変更の可能性がございますので、
このコーナーでご確認くださいますよう
お願い致します。



3月のお休み及び日曜外来は、以下の通りです。

(追加・変更等の可能性がございますので
その都度こちらでお知らせ致します。)

 3月3日(日曜日)日曜外来 10時~11時
 3月10日(日曜日)日曜外来 10時~11時
 3月13日(水曜日)午前休診・午後診療
 3月17日(日曜日)休診日(第3日曜日)
 3月20日(水曜日)休診日(祝日:春分の日)
 3月24日(日曜日)日曜外来 10時~11時
 3月25日(月曜日)休診日(研修のため)
 3月26日(火曜日)休診日(研修のため)
 3月31日(日曜日)休診日(第5日曜日)

▼ 2024年3月▼

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


 =休診日(終日)
 =日曜外来(10時~11時)
 =外来休診
 =萩往診
 =午前中のみ診療
 =午後のみ診療

診療案内

■診療動物


 犬・猫・うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥・爬虫類などペット動物全般

■診療時間


月曜~土曜
AM 9:00~AM 11:30
PM 4:00~PM 6:00

※ 木曜は午前・午後とも往診となりますので
  外来は休診となります。

日曜 
日曜外来 受付時間
 AM 10:00~AM 11:00

※ MRI検査、外科手術、内視鏡検査は予約制になります。

※ お預かり・宿泊をご希望の方は随時ご相談の上、
  承ります。お気軽にご相談下さいませ。
  ただし、当院にて各種予防接種をされた方に
  限りますのでご了承下さいませ。

 
 ■動物取扱業保管業務許可
  第一種動物取扱業登録 
  令2山健第147号の1の11 
  登録 令和2年11月16日 
  有効期間 令和7年11月15日 
  有限会社ユノー のぐちどうぶつ病院 
  種別 保管 
  責任者 野口道修 

 

■What's new & News

2024年2月28日
3月13日水曜日は、午前中休診、午後のみの診療となります。

2024年2月20日
3月の予定を追加いたしました。
通常より休診日が増えておりますので、カレンダーのご確認をよろしくお願いいたします。

2023年10月26日
当院におけるデジタル技術の活用及びDX推進の取り組み状況を掲載いたしました。


2023年7月23日
8月より午後の診療時間を午後6時までに変更させていただきます。
よろしくお願い致します。

なお、休診日、半日休診日などは追加・変更がございますので、
追ってこのページでお知らせいたします。
ご迷惑おかけしますがよろしくおねがいします。

2022年3月30日

日曜日は原則午前10時から午前11時のあいだのみ
受付の日曜外来となります。また日曜外来は院外において
受付票記入による予約は行っておりませんので、
ご了承下さいませ

2020年12月5日

お預かり・お泊まりのための動物取扱業保管業務許可を
取得致しました。
診療時間の下記に記載いたしました。


アクセス

所在地 山口県山口市吉敷下東4丁目1番5号
(県保健会館近く)
電話 083-925-2211
FAX 083-925-6511
E-mail

小郡より車で8分 防府から車で20分
萩から車で50分 宇部から車で40分

バス:防長交通新山口駅-山口線
    葵バス停より徒歩5分

山口市コミュニティバス大橋団地入口
バス停すぐそば

電車:JR山口線湯田温泉駅より
    タクシーで5分

当院地図
「拡大地図を表示」をクリックで、別タブで開きます:
ストリートビューもご覧いただけます。

当院のデジタル技術の活用及びDX推進の取り組み状況

デジタル技術の活⽤は、顧客満⾜度を向上させ、当社の競争⼒に対し好影響を及ぼす⾮常
に重要な要素だと考えています。
具体的に当院では以下の通りデジタル技術の推進及びDX推進に取り組んでおります。

■ヒューマンエラーの排除

「LUVIS ⼿術灯 S300-M モバイル」「透視機能付き⼀般撮影装置 RADspeed Pro
Fluoro 床上⾛⾏式」の最新機器を⽤いることで、リアルタイムに⾼画質な透視画像を
⾒ながら、明るく照らされた⼿元で精緻な⼿術が可能となります。これまで画質の粗
さや術野に落ちた影によって残っていた⼿術中のヒューマンエラーのリスクを排除し
ます。命を扱う医療現場において、ヒューマンエラーは決して許されません。最新の
デジタル技術を活⽤することで当院の⼿術はより安全で⾼度なものになります。

■労働生産性の向上

「⽝猫⽤バイタルサインモニタ Vet30(AccuVet)」は Bluetooth で PC と接続でき
ます。これまで看護師が⼿作業で記録していた、⾎圧や体温、⾎中酸素飽和濃度など
の⿇酔状態の評価項⽬を PC に出⼒可能です。⼿術中の煩雑な作業を省き、⼿術時間
を⼤幅に短縮します。院内全体の労働⽣産性を向上させ、これまで飼い主様の悩みの
ひとつであった待ち時間の⻑さの解消に貢献します。

■これらを踏まえた当院の経営ビジョン

「デジタル技術を活⽤した、⾼度で安全な整形外科⼿術を提供するのぐちどうぶつ病院へ」

当院は本事業を通じて整形外科⼿術に特化した⼿術室を新設します。⼿術室に⼿術
灯、 透視撮影装置、バイタルサインモニタを完備します。これらに搭載されたデジ
タル技術 の活⽤によって、医療の質向上、飼い主様の待ち時間の短縮をはじめとし
て、当院・動 物・飼い主様の3者にとって多くのメリットを⽣み出します。顧客満
⾜度の向上による 来院数の増加、労働⽣産性向上に伴うそれを受け⼊れるだけのキ
ャパシティ確保によって経営⾯における向上に寄与します。

■当社の経営ビジョンの実現のための戦略

  • 整形外科疾患以外の分野にもDX推進の検討
  • デジタルリテラシーを強化する教育
  • 上記をより推進するための外部専⾨家との連携

■戦略推進のための組織体制

 

 Copyright (C) 2018 by Noguchi Veterinary Hospital Allright reserved