Noguchi Veterinary Hospital

再生医療

当院ではJ-ARM社さんのご協力を得て再生医療に取り組んでいます。

再生医療とは

幹細胞を用いた治療



一般的に
1.椎間板ヘルニア 2.脳梗塞・脊髄梗塞 3.脳炎 4.肝疾患
5.骨折 6.猫口内炎 7.乾性角膜炎 などに使用しています。

幹細胞とはその名の通りおおもとの細胞ですが、その機能は
1.病気や損傷部位に集まる 
2.治療に必要な適切なサイトカインを放出する 
3.骨や軟骨に分化する などがあります。

獣医医療では特に1.と2.の機能を利用します。さらに、1.と2.の機能については
他者の幹細胞を投与しても拒絶反応は起きません。

例えば脳梗塞と診断した場合、あらかじめ用意していた幹細胞を静脈内投与すれば、
幹細胞は損傷部位に集合し、炎症や組織修復のための状況にあった適切なサイトカインを
その場で放出するということです。


活性化リンパ球療法



イヌ、ネコの血液(10-12ml)からリンパ球を回収し、薬剤を加えてリンパ球の活性化・増殖を
行ないます。2週間後、およそ1,000倍に増えたリンパ球を洗浄・回収し、点滴で体内に戻します。